コラム

プロを目指すなら常識!土木工事の流れ

こんにちは!兵庫県豊岡市に拠点を置き、公共施設の新設・改修における土木工事を行っている有限会社糸乗建設です。
主に兵庫の但馬地区を中心に活動しております。
今回のコラムでは、土木工事の流れについてご紹介します。
土木の仕事に興味があって調べ始めたばかりの方は、ぜひこのコラムを読んで仕事のイメージを掴んでみてください!

1.現地調査を行う


見積もりを立てるため、土木工事を行う現場を調査します。
現場の道路状況やライフライン、諸法令など幅広く調査を行います。

2.プランを立てる

現地調査が終わったら、工事プランを立てていきます。
工事プランは、調査結果だけでなく発注者の要望も踏まえて考えます。
土木工事業者も発注者も納得できるプランを考えることがとても重要です。

3.実施計画を設計する

プランを立てた後は、さらに細かく実施計画を練ります。
現地測量や現地詳細調査・類似施工例視察・資料採取など法令調査を行い、その内容をもとに工事経費積算も含めて実施計画を設計します。

4.工事を開始する

実施計画をもとに、品質や安全管理を徹底しながら工事を行います。
また、工事の際は現場近くに住む人への配慮も忘れてはいけません。
騒音や振動にできるだけご理解いただけるようご挨拶に伺ったり、「工事お知らせ」の紙をポストに入れたりすることもあります。

5.工事完了

工事が終わったら、社内検査や行政の確認検査を受けます。
検査の結果、問題がなければ発注者に完了を知らせます。
そして発注者に引き渡して料金を受け取ったら、工事は完了です。

【求人】新規スタッフ募集


弊社では、ともに働いてくださる現場スタッフを募集中です。
ご応募にあたり、経験の有無は問いません。
資格取得支援制度も設けておりますので、未経験でも働きながらスキルアップすることが可能です。
もちろん、資格取得に必要な費用は会社が負担いたしますのでご安心ください。
風通しのいい職場なので、長く楽しく仕事ができますよ!
ぜひご興味のある方は採用情報ページからご応募ください。
皆様と共に働く日が来ることを、楽しみにしております。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。