コラム

土木作業員として働くために身に付けたいこと

こんにちは!兵庫県豊岡市に拠点を置き、兵庫県但馬地区を中心に土木工事を行っております、有限会社糸乗建設です。
土木作業員として就職を目指している方の中には、「土木作業員になるにはどんなことに気を付けたらいいの?」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
今回は、土木作業員として働くために身に付けたいことについてご紹介いたします。

きちんと挨拶をする


初めに大切なのは、きちんと挨拶をすることです。
「人見知りで、挨拶をするも苦手……」という方もいらっしゃるでしょう。
しかし、挨拶は職場内のコミュニケーションを円滑にするためにもとても重要です。
しっかり顔を見て挨拶することは、信頼感やチームワークの築くための第一歩となります。
また、毎日挨拶をすることで、自分では気が付かなかった不調などにも気づいてもらえることもあります。
人見知りの方は、最初のうちは緊張し、ドキドキすることもあるでしょう。
しかし、勇気をもって一歩踏み出すことで、現場にも馴染みやすくなり、より働きやすい環境になりますよ。

気温の変化などに対応できる体力も必要

土木作業員として働くには、やはり体力が必要となるでしょう。
最先端技術を取り入れることにより、体力的にキツイと思うことは減ってきています。
しかし、土木作業は基本的に野外で行うお仕事です。
季節や天候に左右されずに作業ができるような、体力を身に付けたいでしょう。

周りを見ながら行動する

土木工事の現場では、複数の方が同時に作業をしていることがあります。
作業に集中し過ぎてしまうと、周りの方と衝突する、重機に接触してしまうなどの危険があるでしょう。
集中して作業に没頭してしまう方は、周辺を意識しながら作業できるようにしましょう。

未経験からでも土木作業員になれます!


弊社では、現場で働いてくださる方を求人募集しています。
経験の有無や性別などは一切問いません。
「やりたい!」という気持ちをお持ちであれば、丁寧にサポートいたします。
また、弊社では資格取得支援制度も行っております。
業務に関連する資格であれば、業務時間内に講習を受けていただくことも可能です。
弊社でステップアップしながら、プロの土木作業員を目指しませんか?
ご興味のある方はぜひ弊社へご応募ください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。